ギャンブル依存症の治療方法や施設|病院や薬や費用を紹介

ギャンブル依存症の治療方法や施設

ギャンブル依存症を治療する方法としては、自分一人で悩まないで様々な施設が存在するため、そこに相談を行うことから始めるのが賢明です。例えば一般法人やNPOでもこうしたギャンブル依存症の問題に積極的に取り組んでいる組織があるため、そこに本人や家族が相談を行うことができます。

他には精神科の病院や心理的なことを専門に扱うクリニックなどの施設もその治療を行ってくれます。実際にギャンブル依存症の場合の治療方法としては、パチンコに代わり依存できる趣味を見つける、臨床心理士との専門家との対話によって解決する、また同じ悩みを抱える方とのグループミーティングを行う方法などがあります。

一番、有効な方法としては、病院・クリニックなどで誰かの監視を受ける施設に入院することで、当然、そういった施設に居れば、無理してギャンブルを行うこともなくなります。ギャンブルは一度手を出してしまうと、強烈な常習性が発生する傾向がありますので、それを入院して出来なくすることで元の精神状態に戻すことが可能です。

なおギャンブル依存症にならなたいための予防策も必須で、ギャンブルに凝り性の人はギャンブルに無縁の家族に総てのお金を預けてしまうという方法もあります。ギャンブルを自分の意志だけで行えなくすることも肝要です。

病院で薬などのギャンブル依存症の治療費用

ギャンブル依存症を治療する上では、症状によって病院で薬による治療や入院などを行う場合があり、そのための費用が発生する可能性があります。主に精神的な問題があるとされるため、病院の精神科を受診します。

ただ単に診断を受けると病的賭博に該当するため、それに処方する薬は存在しないのも事実です。まれに双極性障害やうつ病といった精神疾患、統合失調症などが合併していると判断されると、それに効果がある薬が処方されることもあります。

その他にどうしても通うのやめたいという深刻なケースでは通院ではなく、入院を行うことで治療・解決する方法もあります。ギャンブル依存症を解決する上では、原因となるギャンブルに通えない様にするという物理的な方法が望ましいです。

ある程度、ギャンブルをしない期間を設けると、スムーズに止めることができるケースもあります。病院などではカウンセリングや他の依存症たちとのコミュニケーションでも治療を行えます。

入院ではギャンブル依存症を治療する上で長期にわたることもあるので、1ヶ月程度かかることが多いです。そのため入院費用も10万円以上かかるケースも珍しくなく、通院や薬の処方で3,000円程度の費用で済んでいたのに倍以上かかると想定する必要があります。

ギャンブル依存症は家族ともに医者の診断が必要

ギャンブルが好きという人は多いです。

その中でも競馬やパチンコなどは昔のイメージとはちがって若い女性にも人気になっている人もいます。
少ない投資額も多額の儲けになる可能性のあるギャンブルは、やっているだけでストレス解消になったり、興奮する感じがたまらないという人も多いです。

楽しんでやるくらいならいいのですが、サラリーマンが仕事の途中でのめりこんでしまったり借金を繰り返しながらはまってしまうのはよくありません。

人から注意をうけてもまったく受け付けなかったり、家族に止まられて暴力をふるったり詐欺まがいのことをしてギャンブルをするのは、もはやギャンブル依存症になっているといっても過言ではありません。

ギャンブル依存症は、依存症という病気になっているので、人からのアドバイスも聞く耳を持てないですし、まして自分で気持ちをコントロールしようとしてもできるものではありません。

その場合は家族と一緒に医者の診断をうけるということが大切です。
その中で医者からギャンブル依存症と診断されて病気なのだと認識することで、治療がはじまっていくのです。

医者の指導のもとに病気と向き合うことで依存症を克服していくことができます。
診断が下ることで、家族も本人のつらい気持ちも理解できるのです。

ギャンブル依存症の症状や特徴や原因

ギャンブル依存症の症状や特徴は一言でいうとやらずにはいられない状態で、またその原因はドーパミン中毒です。
依存症はギャンブルに限らず当てはまることなのですが、成功したときやそれをやっているときに脳内で大量のドーパミンが分泌されるようになってしまっている状態です。
また同時にセロトニンなどの物質も分泌されます。

よくギャンブル依存症になるのはストレスから逃げるためというようなことも言われますが、たしかに他のところでストレスを抱えていると、その解放感とのギャップからよりギャンブル依存症にはなりやすいです。
症状がひどい場合には四六時中そのことを考えずにはいられなくなります。

他のことが手に付かなくなる症状もあり、またやりだすと止まらなくなるという特徴もあります。
このような特徴が出てくるとお金があれば全部つぎこんでしまうような状況に陥ってしまうので大変危険です。

原因は上述した通り、ドーパミンとセロトニンです。
勝ったときには興奮して脳内に大量のドーパミンが作られます。

これは快楽物質と呼ばれ、人が神秘的なものを見て心から感動したときなどにも出ます。
そして次に買ったことでホッとするとセロトニンが分泌され深いリラックス状態になります。
このサイクルが危険な原因です。

ギャンブル依存症の借金による末路

ギャンブル依存症の借金による末路について悩まれている方も多いのではないでしょうか。

ギャンブル依存症になってしまうのは、お金が儲かるときがあるのですが、まぐれなのか、それともデータや経験に基づいて稼いでいるのかの区別がついていないからです。

結論、借金を重ねた末路は、多額の借金を負いやすくなるのです。

ギャンブル依存症にならないようにするためには、一体どんなことが必要に成るでしょうか。

末路が哀れな状態にならないようにすることも必要になります。

ところで、ギャンブルに依存すると言っても、そんなにお店があるのでしょうか。

パチンコの借金をパチンコで返済しようとはしないようにすることが大切になります。

まあ、大抵は、予算を決めてお小遣いの範囲で行うのが実情ですが。

他に何か、趣味を持つようにしたり、何もしないでいることに慣れてみることも大切になります。

何かしたいのだけれど、お金がかかるのか、かからないのかについて良く考えてみましょう。

まああと、勝っているうちにやめておけばいいのではないのかというものも少なくありません。

欲を出しすぎずに、まあ、この辺でやめておこうという引き際も大切になります。

ほどほどの趣味にしておきましょう。

参考サイト

ギャンブル依存症になると、病院での治療が必要になります。

そのようにならないために、いろいろな情報を身に着けておいたほうが良いです。

しかし、ギャンブル依存症になり、借金苦になってしまった場合には、借金を一本化するのが最善な場合があります。

そのような、借金苦から逃れるための情報もひつようになるのです。

参考になるサイトを紹介しておきます。
借金苦なら借金を一本化するのが最善なのかを検討

借金苦の場合、借金を一本化するメリットは多いです。